転職を成功させるために知っておきたい大切なこと

給与面の改善

保育士の給与等の待遇改善を求める動き

保育士の求人は男女を別にして求めているわけではありませんが、長く勤める人が多いのは圧倒的に女性です。これは職業の適性についての性差というよりは、保育士の求人に応じて採用された男性職員がその給与の低さから転職をするパターンが少なくないという現実の方が大きな原因となっています。日本の保育士は国際的にもその専門性が高く評価されている反面、国際的な水準よりも大きく下回った給与が支払われているという現実があるのです。 人間の成長、特に情緒面の成長に大事な時期が保育士が担当する幼児期になります。この時期にどのように子どもたちと大人が接していくのかというところで、子どもたちのその後の人生は大きく変化をします。そのような大事な時期の教育を担当する保育士にはそれにふさわしい待遇が与えられるべきでしょう。

保育士という呼び名が使われるようになったのは

保育士というと女性を思い浮かべる人はまだまだ多いでしょうが、保育士の求人は女性に限ったものではありません。求人の対象となるのは男性も含まれています。 保育士は長く「保母」と呼ばれることが多かった職業です。もともとは明治に入ってから紡績工場などで働く女性の子どもたちの預かる子守としての役割が発展したものです。そのため女性の職業として長く認識されてきましたが、仕事内容はことさら女性でなくてはいけないというものではなく、男性の保育士も登場してくる中、使い分けとして「保母」に対して「保父」と呼ばれるようになりました。 男女統一して保育士と呼ばれるようになったのはごく最近のことです。男女雇用機会均等法などの制定に伴い名称も統一されたのです。

Copyright© 2015 転職を成功させるために知っておきたい大切なことAll Rights Reserved.